総量規制対象外のカードローン

総量規制によって、借り入れは年収の3分の1までと規制されていますが、これは消費者金融、クレジット会社などに対しての規制であり、銀行や信用金庫などには適用されません。

みずほ銀行カードローン、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)、オリックス銀行カードローンなどの銀行系カードローンが総量規制対象外のカードローンと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの総量規制対象外のカードローン

みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方はご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません!
高限度額(10~1,000万円)、低金利(4.0~14.0%)が特徴のひとつです。
ご希望限度額200万円以下は所得証明書不要!
審査 最短即日 融資 最短即日
金利 4.0%~14.0% 最低返済額 10,000円
限度額 1,000万円 無利息期間 なし

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は銀行だから安心の金利年4.6%~年14.6%、最高500万円までご融資。
インターネットで24時間申込受付中!最短即日カード発行可能です。
※審査結果のご連絡は9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)申込受付時間、審査状況によって審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。
テレビ窓口なら最短40分で審査可能
審査 最短30分 融資 最短融資ご利用可能!
金利 4.6%~14.6% 最低返済額 1,000円
限度額 500万円 無利息期間 なし

3大メガバンクの一つである三井住友銀行のカードローンです。最短30分 審査で、最短即日融資可能!銀行ならではの低金利・高限度額はもちろんですが、提携ATMが多くあり 三井住友銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM等が利用できます。
ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!
審査 最短即日 融資 最短即日
金利 年4.0%~14.5% 最低返済額 10,000円
限度額 1万円~800万円 無利息期間 なし

ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!来店・口座開設も不要で手軽に申し込めます。特定分野に絞ることで、商品・サービスに磨きをかけています。メガバンクや地方銀行のような総合的なサービスをご提供するのではなく、得意分野に特化し、強みのある分野の商品・サービスを充実させ、お客さまのニーズにお応えしています。
ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!
審査 最短即日 融資 最短即日
金利 3.0%~17.8% 最低返済額 7,000円
限度額 800万円 無利息期間 なし

レイクは新生銀行グループの消費者金融会社です。アルバイト、派遣、パートの方も申し込むを受け付けしています。CMでも人気の消費者金融です。金利が他と比べやや高めであることが特徴です。大手銀行グループの参加であることから、人気のある消費者金融ですが、やや審査は厳しめとも言われています。
安心!CMでも人気の消費者金融!
審査 最短30分 融資 最短即日
金利 4.50%~18.0% 最低返済額 3,000円
限度額 500万円 無利息期間 180日間 / 30日間


総量規制外ではないカードローン

即日でお金が必要になったときはプロミスがおすすめ!
平日でも土日でもいろんな場面でプロミスは使えます。平日14時までにWEB契約が完了すると即日で振り込みが可能で申込みを頂いてから最短で一時間での融資が可能なのは業界最高水準。平日14時を過ぎていてもWEBで申込して審査完了後、最寄のプロミス自動契約機でキャッシングが可能
即日でキャッシングをするなら最大手のプロミス!
審査 最短30分 融資 最短即日
金利 年4.5%~17.8% 最低返済額 2,000円
限度額 500万円 無利息期間 30日間

テレビCMでおなじみの消費者金融会社、アイフルです。国内では非常に大手に分類される消費者金融会社で、安定感や信頼感から人気があります。初めての方におすすめできる消費者金融です。アルバイトや派遣社員、主婦(専業主婦除く)の方、自営業や法人の方も申込みが可能です。女性には女性専用ダイヤルもあります。
あなたの今すぐに対応!
審査 最短30分で審査完了 融資 最短融資ご利用可能!
金利 年4.5%~18.0% 最低返済額 4,000円
限度額 500万円 無利息期間 なし

アコムは消費者金融初心者に非常に人気があります。CMでも非常に有名で利用可能ATM(※提携CD,ATMの詳細についてはHPより参照下さい)も非常に多くあります。ネットで申し込むと3秒で診断可能で、最短30分で審査結果が解ります。消費者金融会社の中でも屈指の大手です。初めての方におすすめできる消費者金融です。
はじめての方なら最大30日金利0円
審査 最短30分で審査回答 融資 最短即日振込も可能
金利 年4.7%~18.0% 最低返済額 3,000円
限度額 500万円 無利息期間 最大30日

三井住友銀行グループの消費者金融、モビットです。CMでも有名で多くの方に非常に人気のある消費者金融です。大手であることから利用可能なATMも非常に多く、審査時間も短いのが特徴です。初めての方にお勧めできる消費者金融です。最短即日での融資も可能。14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては希望に沿えないことがあります。
あなたの未来にリンクする「三井住友銀行グループのモビット」
審査 10秒簡易審査 融資 最短即日
金利 年3.0%~18.0% 最低返済額 4,000円
限度額 1~800万円 無利息期間 なし

総量規制外のカードローンに関して

2010年に貸金業法が改正され、総量規制が導入されまして、個人の年収の3分の1を超える超える借り入れは出来なくなってしまいました。ただ、この総量規制規制ですが、貸金業者の全てが対象というわけではありません。この規制の対象とならない業者(主に銀行、・信用金庫・農協など)も存在するのです。

総量規制の主な規制内容について

【1】個人に対してお金を貸す場合、貸す金額の合計が借りる人の年収の3分の1を超えてはいけない。簡単に言えば、年収300万円の人がお金を借りる場合、借入額が3分の1の100万円を超えてはいけないということです。ただし、これには例外もあります。 ・知り合いや自分の会社などの保証人としてであれば、年収の3分の1を超えた金額でも借り入れを行うことが出来ます。 ・会社(事業用)の資金のために借り入れをする場合も同様で、年収の3分の1を超えた金額でも、会社の運用資金 が理由であれば、借りる事ができます。

【2】1社から20万円以上を借りる時、もしくは、複数社から借りている金額の合計が既に100万円を超えている場合には、収入証明書が必要です。

【3】総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの機関です。これらが、総量規制の主な内容となるのです。一方、総量規制対象外のカードローンは貸金業法の規制を受けませんので、個人が3分の1を超える金額の借入でも審査さえ超えれば可能になるのです。これは、少しでも多額の借り入れを望んでいる人にとっては、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。また、金利は一般的に安いので、ここでも魅力が出てきます。このように総量規制対象外のカードローンは、いくつかのメリットがあって、魅力が多いと言えるのではないでしょうか。

総量規制というのは、ローンなどでお金を借りる利用者が、年収の3分の1までしかお金を借りられない法律のことです。総量規制によってお金の借りすぎや借しすぎを防ぐために設けられています。この総量規制があることで消費者金融や信販会社からお金を借りる場合は多くても年収の3分の1以下になります。ただ、場合によっては年収の3分の1以上お金を借りれるところもあります。それが銀行のカードローンです。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので年収の3分の1以上借りることも可能です。まとまったお金が必用になったとき、とても便利です。ただし、銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンより審査に時間がかかる場合があるので万一に備えて早めにカードを作っておくことをオススメします。

消費者金融やカード会社・信販会社からの借り入れ

消費者金融やカード会社・信販会社からの借り入れは、総重量規制により年収の3分の1までしか借り入れができなくなっています。主婦やサラリーマンが消費者金融などのカードローンからの借り入れで、自己破産が相次ぎ社会問題になったことで、この総重量規制が制定されるきっかけとなりました。そこで今現在注目されているのが、銀行系のレイクやみずほ銀行・オリックス銀行などが発行しているカードローンです。以前、銀行系のカードローンは審査が遅く緊急で借り入れたい方からは敬遠されがちでしたが、現在では即日で融資してもらえるカードローンも増えてきています。ですが、銀行系なので消費者金融よりも審査は厳しめですので、金利の安さも大切ですが、審査に通るかどうかも見極めながら、借り入れ先を決めるようにしましょう。

キャッシングの為に、カードローンの申込みを検討されるのであれば、総量規制対象外のみずほ銀行のカードローンは、如何でしょうか。まず、貸金業法の総量規制の対象となる、消費者金融系のカードローンでは、最大でも年収の3分の1以下までの限度額しか得られません。例えば、年収が600万円ある方でも、最大でも200万円までしか限度額は得られないのです。返済が出来なくなり、自己破産などになるケースを減らす為の法律であり、その効果も上がっているようですが、正直もっと大きな限度額を得られる契約がしたいものです。それに比べ、総量規制の対象外である、みずほ銀行のカードローンのような、銀行系のカードローンですと、年収の3分の1以下までに縛られない限度額を得られる場合があります。安定した収入がある方でしたら、限度額300万円まででしたら、収入証明の提示も不要なケースも多いのです。新に、カードローンの申込みされる場合には、総量規制の対象外である、銀行系のカードローンを検討されては、如何でしょうか。

賃金業法と銀行法の大きな違い

お金を借りる場合に、消費者金融から借りるのと、銀行カードローンから借りるのと、どちらも同じだと思っている方はいませんか?実は両者の間には大きな違いがあります。一番大きな違いは適用される法律です。消費者金融は賃金業法、銀行カードローンは銀行法という法律が適用されることになっています。賃金業法には総量規制があり、年収の3分の1を超えてお金を貸すことはできないと定められています。しかし、銀行法にはそのような規制はありません。例えば、三菱東京UFJ銀行バンクイックでお金を借りたいと思った場合、年収の3分の1まで、という縛りはないため、審査によりそれ以上のお金を借りることができるかもしれません。

総量規制と銀行カードローンの関係

貸金業者からお金を借りる時は、原則として年収の3分の1を超えるお金は借りられません。なぜなら貸金業者は総量規制の適用を受けるからです。その点、みずほ銀行カードローンならば3分の1を超える借り入れも可能です。なぜなら銀行は貸金業者ではないので、総量規制の対象外だからです。しかし、ここで一つ注意しなければならないのは、銀行ならば必ず年収の3分の1を超える借り入れができるわけではないという点です。銀行カードローンにも普通に審査がありますので、審査結果次第では、希望する金額よりも少ないお金しか借りられないことは幾らでもあるのです。

総量規制があるから借りすぎの心配なし

以前の個人のカードローン業界はカードローン地獄というものがあり、借りすぎによるカードローン破産が深刻な問題となっていました。しかし現在では個人の貸し付けには年収の3分の1までしか借りることが出来ない総量規制が適応されることになり、ほとんど借りすぎの心配はなくなり問題やトラブルなくカードローンを利用する事が出来るようになりました。総量規制は個人のみに適応されるものでありますので、例えば年収300万円のサラリーマンなら100万円まで借り入れをすることが出来るようになります。よって昔みたいに多くの消費者金融のカードローンを作り悲惨な目に遭うことはほとんどなくなりましたので、借り手側からしみても心配する必要はなくなりました。

総量規制?銀行系カードローンがオススメなワケ

明日支払日だけど口座の残高が…とか、給料日前なのに飲み会が…など、誰でも一度は経験したことのあるオカネのピンチ。そんなときにオススメなのがカードローンです。カードローンというと消費者金融のイメージが強いですが、現在では多くの銀行もカードローンという商品を展開しています。オカネを借りるなら、どこでも同じでしょって思われるかもしれませんが、銀行系カードローンと信販系や消費者金融では借り入れの際に大きな違いが出てきます。それが総量規制です。この総量規制というのは多重債務等を防ぐために年収の3分の1までしか貸し付けできないという規制です。この規制が銀行のみ適応対象外となっています。そのため、アルバイトや新社会人など年収が低い人ほど、意識して銀行系のカードローンに利用することでより多くの金額を借り入れることのできるチャンスが来ます。いざというときに備えて、総量規制外のカードローンにエントリーするのもオススメです。

キャッシングの審査でやってはいけないこと

キャッシングには審査がありますが、この審査でやってはいけないことがあります。それは、嘘の申告をするということです。例えば他社で借り入れがあるにもかかわらず、ないと申告をすることはダメです。また借り入れ金額をごまかすというのもダメです。なぜなら、こういった情報は金融機関同士で共有されていますから、嘘をついたところで絶対に審査のときにはばれてしまいます。嘘がついたということがわかれば、もう審査には通らなくなってしまうことでしょう。なのでキャッシングの審査のときには、絶対に嘘やごまかしというものはしないでください。

キャッシング審査に通らない時に考えること

キャッシング審査に通らない時は自分自身の状況を確認し、安易に他社に申し込まずに収入の範囲内で生活できるように計画を立てる必要があります。審査に通らない理由は申込書に誤りがあることや過去に滞納が多いことなどが多く、総量規制対象であるため年収の3分の1を超過する場合も該当するため再確認をすることが大事です。キャッシング審査に通らない時に考えることは新たにお金を借りれないため、収入の範囲内で生活をすることです。お金を借りる時は事前に条件を確認する必要があり、確認せずに申し込むと信用情報機関に申込履歴が記録されるため信用状況が下がる要因になるため注意が必要です。即日審査 キャッシング

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行で総量規制外の融資

総量規制は融資を受ける方の多重債務などを防ぐために設定されているものであって、消費者金融からの借入総額が年収の3分の1を超える融資に関しては審査に合格できないようになっているのです。借り過ぎを防ぐという意味で総量規制は大きな意味を持っていますが、どうしてもお金が必要だという場合であっても、借り入れができないというパターンも多くなっており、お金の工面に苦労されている方も増えております。そうした場合に役立つのが、みずほ銀行のカードローンとなってくるのです。銀行融資に関しては総量規制外で利用することができますので、万が一のお金の用意で信頼される存在となっております。

みずほ銀行カードローンの保証会社

みずほ銀行カードローンの保証会社はオリコとなっており、銀行カードローンではめずらしく消費者金融が保証をしているという形にはなっていません。人によっては信販会社の保証のほうが安心だという場合もあり、それがみずほ銀行カードローンを利用する理由のひとつといっても良いでしょう。しかし、消費者金融が保証会社であるときにくらべて審査がやさしくなるわけではありません。また、過去にオリコカードで金融事故を起こしていた場合、今回のカードローン審査にも悪影響を及ぼす可能性があります。銀行カードローンに申し込むときあまり保証会社を気にしない方もおられますが、申し込みの前に名前位はチェックしておきましょう。

みずほ銀行カードローンと銀行口座

みずほ銀行カードローンを利用するときに鍵となるのがみずほ銀行の口座を持っているかどうかということです。みずほ銀行カードローンは返済用口座に自行の口座しか指定できないので、利用を開始するには必ず口座を開設する必要があります。そのため、もうすでに口座を持っている人はキャッシュカードにキャッシング機能をプラスする形で即日融資が可能ですが、口座を持っていない人は開設手続きが必要になるので即日融資はできません。いますぐにお金が必要だという方は、まず自分がみずほ銀行の口座を持っているかどうかを必ず確認しましょう。

みずほ銀行カードローンの資金用途

みずほ銀行カードローンの資金用途は自由となっており、あらゆることに借りたお金を使うことができます。借り換えOKという宣伝も行われているので、目的に借り換えと書いても大丈夫です。ただ、例外的に事業資金は不可となっており、自営業者が仕事の支払いなど事業の運転資金に利用することはできません。事業資金の場合は事業者ローンを利用してほしいということになっています。ただ、事業資金以外の細かな出費、例えば交際費や備品の購入などにあてるぶんには大丈夫です。実際に自営業の方の多くがこういう形でカードローンを利用しており、なかでも低金利のみずほ銀行カードローンは事業者の心強い味方といえるでしょう。

年金生活者とみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは年金収入だけで利用が可能なカードローンです。消費者金融では年金受給のみの利用者は審査に通らず、銀行カードローンでも年金生活者OKのところとそうでないところがあります。そんななかでみずほ銀行カードローンは年金だけで利用できる貴重なカードローンといえるでしょう。申し込みの年齢制限は満66歳未満となっていますが、契約の更新は満69歳まで行われます。70歳以上になると契約は自動的に終了してしまいますが、この年齢以上に利用できるカードローンはほとんどないので、みずほ銀行カードローンは年配の方でも利用しやすいカードローンといえます。

みずほ銀行なら総量規制外で借入可能

今では総量規制によってカードローンの融資が年収の3分の1までに制限されてしまっているために、高額な借入をしたいという場合や、他業者からの借入がある場合はお金の工面に困ることがあります。しかし、みずほ銀行のカードローンでは銀行融資ということになりますので総量規制外として借入が可能になります。もし、カードローンでの借り入れを検討されているという方の中で総量規制の制限以上の借入を考えている方は、みずほ銀行のカードローンで申込みをしたり、一度相談してみるというのも効果的な融資に繋がってくるものだと考えられます。

みずほ銀行では高額融資が可能

高額融資をカードローンで利用しようとすると総量規制に引っ掛かってしまって、希望の融資を受けられないということも少なからず発生しているようです。せっかく借入ができても希望額に満たないとカードローンを利用する意味も無くなってきてしまいますので、総量規制以上の金額の借り入れが必要な場合は、みずほ銀行カードローンを活用することがお勧めです。銀行カードローンに関しては総量規制外としての融資として扱われるようになっておりますので、希望限度額が年収の3分の1を超えてしまうというカードローン利用者の方にとっても、安心して利用できる融資サービスとなっているのです。

みずほ銀行なら専業主婦でも借入れが可能

家計のやりくりが大変で「ちょっとだけお金を借りられれば良いのに」と思う専業主婦は多いようです。しかし、カードローンを利用する為には「収入」がネックになり専業主婦では利用できないと思っている方が大勢います。しかし、実は専業主婦でもカードローンを「内緒で」利用することは出来ます。収入がネックになる理由の一つに「総量規制」があります。これによって年収に対する借り入れ上限が決められている訳ですが、みずほ銀行などの銀行は総量規制対象外のため自分に収入のない専業主婦でもカードローン契約を行うことができます。審査に際し、自身ではなく旦那さん(配偶者)の信用や年収を基準に審査が行われますが、30万円までであれば「内緒で」利用することが可能です。

みずほ銀行で総量規制対象外で借りる条件

みずほ銀行カードローンは総量規制対象外のため他社からの借入がある時にも安心してお金を借りれるため、今後の生活に役立てるように目的を決めて使うと効果的です。総量規制対象外のカードローンは多くのお金を借りれるため便利ですが、銀行側は確実に返済できる利用者を求めるため信用状況や属性などの個人の状況が重視されます。みずほ銀行で総量規制対象外で借りる条件は定期的な収入を見込めるような状況にすることが求められ、不動産物件を所有し正規雇用など属性をスコアリングして慎重に判断するため状況を確かめて申し込む必要があります。

バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)

総量規制外カードローンならバンクイック

カードローン利用時に総量規制という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、総量規制では年収の3分の1までの融資しか受けられないという制限が設けられております。これは個人に対する過剰な融資を制限し防止するためものであって、対象となっているのが個人向けの借り入れの総額ということになっております。また、この総量規制の対象となっているのは消費者金融からの貸し付けと決められておりますので、銀行からの融資である三菱東京UFJ銀行バンクイックは総量規制外の融資ということになってくるのです。つまり年収の3分の1を超える融資が必要となった場合には、三菱東京UFJ銀行バンクイックを活用することで、満足できる融資を受けることが可能になってくるのです。

バンクイックは総量規制対象外です

現在までに幾つかの消費者金融で借入している人は、おそらく年収の3分の1以上の借入を禁じた総量規制の対象に当て嵌まっている可能性があります。総量規制の対象者はこれから消費者金融で借入することはできません。しかし絶望的に考える必要はなく、総量規制対象外の銀行系カードローンは借入することができます。銀行系カードローンは銀行業法が適用され、総量規制は無関係です。特に銀行系カードローンの三菱東京UFJ銀行バンクイックは知名度が高く、また三菱東京UFJ銀行の口座を所有していない人でも審査を受けることができます。多くの本店支店のテレビ窓口等々で契約ができますので、是非検討してみてください。

総量規制外三菱東京UFJ銀行バンクイック

一般的にカードローンやキャッシングを申し込む際には、総量規制が設定されているために、申し込み者の年収の3分の1を超えてしまうような融資を受けられないようになっています。しかしながらどうしてもまとまった金額の融資が必要であるという方には、三菱東京UFJ銀行バンクイックなどの銀行カードローンで総量規制外となる融資サービスを利用することがお勧めとなってきます。三菱東京UFJ銀行バンクイックでは年収の3分の1を超える融資も可能になっておりますので、ある程度まとまった金額を一度に借入したいという方には最適なカードローンとなっております。

三菱東京UFJ銀行バンクイックは総量規制外のカードローンです

三菱東京UFJ銀行バンクイックは銀行系のカードローンに属しています。総量規制とは貸金業法で規定されているので、銀行系のカードローンに適用されることはありません。そのため総量規制とされる年収の3分の1以上の貸付禁止の対象にならないので、お金を借りたい人にはありがたいシステムです。学生やアルバイト、主婦の人達でも借りることができるので、急にお金が必要になっても融資を受けることができます。三菱東京UFJ銀行は名前が示すように、大手の都市銀行が合弁してできたメガバンクなので、信頼感があります。バンクイックは総量規制後に登場した比較的新しいカードローンですが、テレビコマーシャルの影響もあり、人気がでている商品です。

バンクイックは総量規制外の融資が可能

カードローンの中でも三菱東京UFJ銀行バンクイックは、三菱東京UFJ銀行から融資が受けられるということで、利用者の方に非常に大きな安心感を与える存在となっております。また、銀行からの融資ということで大きな安心感にもつながってきますし低金利融資も可能となっており、融資希望者の方に大きな満足をしてもらえるサービスが提供されてきております。そうした数多くのメリットの中でも、特に三菱東京UFJ銀行バンクイックは総量規制外のローンであるということで、年収の3分の1を超えるような融資であっても申し込みが出来るということで、融資金額でも大きなメリットが受けられるようになっております。

バンクイックで総量規制外の融資を受ける方法

カードローン利用者の方の中で総量規制によって審査に落ちてしまったという経験がある方もいらっしゃると思います。一般的な消費者金融から借り入れる場合は、総量規制によって借入限度額が年収の3分の1に制限されてしまいますので、希望融資額が多かったりすると審査に通らないということになってしまうのです。もし、どうしても総量規制で制限される限度額以上の借り入れが必要であるというシチュエーションにおいては、銀行カードローンである三菱東京UFJ銀行バンクイックを活用することが大切になってきます。銀行融資は総量規制外の融資として扱われるために、高額な融資希望者の方にも安心して利用できるサービスとなっているのです。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンについて

オリックス銀行カードローンも総量規制の対象外になります。特に400万円を超える借り入れになると、金利が安くなるので、たくさん融資を受けたい、というひとにおすすめです。最高の限度額は800万円になっています。ジャパンネット銀行の口座を持っていると、24時間いつでも振込みで融資を受けることができますから大変便利です。安定した収入のある方であれば、パート、アルバイトのひとでも申し込むことができます。銀行カードローンなので、審査には2日かかることが多いです。ですから、融資を考えているような場合には、できるだけ早く申し込んだほうがよいでしょう。

オリックス銀行の総量規制外カードローン

総量規制という言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃると思いますが総量規制によって、消費者金融からの融資が年収の3分の1までしか借り入れが認められなくなっておりますので、それ以上の融資を受けようという場合には審査で落ちてしまうということになってしまいます。そうした時に役立つのがオリックス銀行から提供されている総量規制外カードローンです。総量規制は消費者金融からの融資が対象となっておりますのでオリックス銀行カードローンは、銀行からの融資ということで総量規制外の借り入れとして利用することが可能になっているのです。

オリックス銀行カードローンは総量規制外

消費者金融などからすでに年収の3分の1に近い借り入れをしてしまっているという方は、総量規制によって審査に落ちてしまう可能性が多くなってきてしまいます。 そのため追加融資が必要だという場合には、銀行カードローンを活用することが求められます。オリックス銀行のカードローンですと銀行からの借り入れになりますので総量規制外になりますし、最高限度額が800万円まで可能となっておりますので、既にある消費者金融からの借り入れ分も含めて、おまとめローンとして活用することができますし、金利も低く設定されており返済負担を軽くすることができます。

総量規制外のオリックス銀行カードローン

オリックス銀行は他のメガバンクなどと比べると知名度は低いですが、オリックスグループのネットバンクです。現在では消費者金融などで簡単に借り入れが出来ます。しかし多重債務を防ぐ為に総量規制という法律が出来て、年収に対して3分の1までしか借り入れが出来ない制限が出来ました。しかしオリックス銀行のカードローンは、銀行が提供しているカードローンなので総量規制の対象外で年収に関わらずに借り入れの申し込みは出来ます。理由としては、銀行は消費者金融などと比べると審査に厳しく借り入れ件数、借り入れ金額が多いと審査に落ちます。この厳しい審査体制があるので銀行系のカードローンは総量規制の対象外になっているのです。

総量規制対象外のオリックス銀行

キャッシングやカードローンを利用して融資を受ける際には総量規制というものがあって、年収の3分の1よりも多くの融資を受けられないように法律で決められております。しかし、実際の生活の中においては年収の3分の1を超える融資を必要とすることも少なくはなく、お金の容易で苦労されてしまっているという方も少なからずいらっしゃると思います。そうしたシーンで役立つのが総量規制外のオリックス銀行カードローンのサービスです。総量規制外のカードローンでは年収の3分の1を超える融資も可能になっておりますので、どうしても現金の準備が必要な場合などに非常に役立つ存在であると実感することができます。

総量規制外カードローンオリックス銀行

総量規制によって年収の3分の1を超過してしまうカードローンの借入が出来なくなってしまい、年収の少ない方や、おまとめローンとして高額の借入をしたいという方には不利になってしまう状況であります。そうした場合に役立つのが総量規制外として利用することができるオリックス銀行カードローンであり、高額のカードローン利用を検討されている方や、おまとめローンを検討されている方に認められております。オリックス銀行カードローンによって、年収の3分の1を超える借入も可能になってきますので、借り換えやおまとめローン審査として活用したい方には最適なサービスとなっております。

オリックス銀行で総量規制外で使う注意点

オリックス銀行カードローンは総量規制対象外のため多くのお金を借りれることが魅力で、他社からの借入金額を気にせずに気軽に申し込めます。総量規制対象外のカードローンは多くの収入を確保して返済を確実にすることが求められるため、他のカードローンと比較して基準が高いため条件を満たす必要があります。オリックス銀行で総量規制外で使う注意点は今後の必要以上に多くのお金を借りすぎないように注意が必要で、利用可能額が少ない時は金利が高くなるため返済金額が高くなるために注意が必要です。多くのお金を借りる時は今後の収入の状況を把握し、滞納をせずに正しく使うことを心がけることが大事です。